導リメイクアップブラ 下垂

バストの下垂STOP!導リメイクアップブラが売れているワケとは?

 

 

導リメイクアップブラは、バストの下垂に悩んでいる人にも、そして将来のバストの下垂を心配している人にもおススメなナイトブラです。

 

こちらでは、導リメイクアップブラの胸の下垂に対しての効果についてご紹介します。

 

バストの下垂に悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

導リメイクアップブラでバストの下垂が防げる理由

 

ブラを着けるだけで下垂してしまったバストが元に戻るわけがない!
と思う人もいるかもしれません。

 

確かに普通のブラではダメです。
なぜなら、肉をキャッチしたり引き上げたりする仕組みがブラに採用されていないから。

 

でも…導リメイクアップブラなら夜着けて寝ることで、形良いバストを作っていくことができますよ。

 

 

●脇肉逆流動システムでバストの下垂が防げる!

 

導リメイクアップブラには、脇にく逆流動システムが採用されています。

 

脇肉逆流動システムとは、「脂肪が動く」という仕組みを利用したもの。
例えば、手で脇の脂肪を手前に寄せると寄せた方向に肉が移動します。
これが脂肪が動くという仕組み。

 

つまり、導ナイトブラで脂肪をバストに寄せ続けることによって脂肪の位置がその場所に固定されるので、徐々にバストに脂肪が定着するようになるというわけです。

 

具体的に、導リメイクアップブラがどのような設計になっているのか?を調べてみると、
「2段階のバーを含めた三段階補正システムで脇や背中に流れてしまう肉をキャッチし、下垂してしまう肉をしっかり胸に持ち上げる」
という設計がされていることが分かりました。

 

もちろん効果には個人差がありますし、脂肪の量も人それぞれなので、どのくらいの期間でどのくらいの脂肪がバストに定着するのか…という予測はできません。
ですが、その効果が期待できるのもであることは、実際に使ってみた方達の口コミをチェックしてみるとよく分かります。

 

導ナイトブラを使ってみた方の多くが、
・背中や脇の肉がスッキリした
・下垂したバストに悩んでいたが乳首の位置が上がった
というような良い評価をしていますよ。

 

 

●クーパー靭帯を守る効果もある!

 

導ナイトブラは、背中・脇の肉をバストに固定したり下垂したバストを持ち上げるという作用があります。

 

ですがそれだけではありません。
バストが下垂する原因となる「クーパー靭帯」が伸びてしまうのを防ぐ作用もあります。
なので、将来バストが下垂してしまうのが不安…という方にもおススメです。

 

*クーパー靭帯については後程、バストの下垂の原因のところでご紹介します。

 

 

●ラクチンを極めている!ので寝るときにも快適

 

バストが下垂するのは困る、或いは下垂したバストは夜も補正して形よく保ちたい…と、補正効果バッチリで締め付け感の強い昼間用のブラを着けて寝ると、行を妨げることになり体にも良くありません。
それにぐっすり眠れないですよね。

 

でも、導ナイトブラならノンワイヤーでノンホック、ラクチンを極めているので夜寝るときに付けても負担にならず、ぐっすり眠れます。
それでいて脇に流れてしまう肉や、バストの下垂をしっかりキャッチし支えてくれます。

 

なので、昼間は補正下着を使っているという方も、夜は導ナイトブラを使ってみてくださいね。

 

また、ブラを着けて寝るのは窮屈だからとノーブラの人も、この導ナイトブラを使ってみてはいかがでしょうか。
このブラなら窮屈感を感じずに眠れると思います。

 

 

●昼間も使える!

 

また、導リメイクアップブラは、快適なので昼間もこのブラで過ごしたい!という人もいます。
もちろん昼間使ってもOK!

 

導リメイクアップブラは、背中や脇のお肉をバストに持ってくることができて、下垂したバストもグッと持ち上げてくれます。
背中や脇はスッキリスリムに、そしてバストは形よく見せられるので、おしゃれも素敵に決まりますね♪

 

公式サイトでまとめて買うと、プレゼントでもう一枚もらえるので、昼間も使いたいという人はまとめ買いがおススメですよ。

 

導リメイクアップブラで下垂バスト対策はできるけど…バストが下垂する原因とは?

 

ここまでにご紹介したように導リメイクアップブラを使えば、下垂してしまったバストを持ち上げることができます。
また、将来、バストが下垂しないように対策することもできます。

 

ですが、バストが下垂するようなことをしていたのでは、せっかくの導リメイクアップブラの効果が半減。
それに、できることなら導リメイクアップブラを使わなくても下垂しないバストを保ちたいですよね。

 

なので、こちらではバストが下垂する主な原因を3つ、そして、その対策法についてご紹介します。

 

 

●クーパー線が切れる・伸びる

 

バストが下垂する最大の原因は、バストを支えるクーパー線が切れたり伸びたりすること。

 

クーパー靭帯は、バストを上向きにつり上げる役割をしているコラーゲンの繊維束のことです。
ですが、このクーパー靭帯は、以下のような刺激を受けることによって伸びてしまったり切れてしまったりします。

 

・夜寝るときに横向きやうつ伏せで寝る
・激しい運動でバストを揺らす
・加齢によってコラーゲンが少なくなる

 

一度伸びきってしまったり切れてしまうと、元に戻りません。
その結果、バストをつり上げることができなくなるので、垂れ乳(下垂バスト)になってしまうのです。

 

 

●姿勢が悪い

 

猫背でいつも下を向いていたり、パソコンをするときに前かがみの姿勢になっていると胸の筋肉が衰え、バストを支える筋肉も弱くなります。
結果、垂れ乳に…。

 

 

●皮膚が伸びる

 

妊娠や授乳、急激に太ることなどによってバストの皮膚が伸び、卒乳後やダイエット後、皮膚にたるみができてしまいます。
そうなると、バストがしぼむ、垂れる…いう結果になります。

 

 

下垂を防ぐ対策法

 

バストが下垂してしまう主な原因は、ここまでにご紹介した3つです。

 

それを対策するためには、
・夜寝るときはナイトブラを使う
・バストを激しく揺らさない(スポーツをするときはバストをサポートするスポーツブラを着ける)
・前かがみにならないように胸を張って生活し、胸の筋肉を鍛える
・急激に太らないようにする
という点に気を付けることが必要です。

 

ただ、授乳で皮膚が伸びてしまった場合、卒乳後その皮膚を元通りに縮めるというのは難しいです。
また、加齢に伴いどうしてもバストが下垂してしまうこともあります。

 

ですが、導リメイクアップブラを使えば、背中や脇の脂肪を胸に持ってきてバストアップできます。
下垂の理由はどうであれ、バストアップは諦めないでくださいね。

 

そして、今以上にクーパー靭帯が伸びきってしまったり、胸の筋肉が衰えないように気をつけましょう。

 

 

あとがき

 

いかがでしたか?

 

バストの下垂は、ある程度の年齢が来るともうあきらめるしかない…と意気消沈してしまう人が多いです。

 

ですが、導リメイクアップブラを使って寝るだけで、乳首の位置が上がった!という人はたくさんいます。
また、普通のナイトブラとは違って、導リメイクアップブラは下垂バストを持ち上げるシステムが採用されているブラなので効果も期待できますよ。

 

諦めずに、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

⇒トップページへ戻る