ナイトブラ 必要性

ナイトブラは必要?いらない?〜夜ブラの必要性について〜

ナイトブラの必要性ってある?

 

窮屈だからナシでいいのでは?昼間と同じブラでいいのでは?
と思う方も多いと思います。

 

ですが、夜寝るときは、夜寝る時用のブラ【ナイトブラ】を着けた方が良いです!

 

なぜなら、胸を支えているクーパー靭帯は、
一度伸びきってしまったり切れてしまうと元に戻らないからです。

 

イメージしてみても、一度垂れてしまった胸は
もう元には戻らないだろうな…という感じがしますし、
そうなってしまった姿を想像すると、悲しいですね。

 

悲しいのですが、一度垂れきってしまうと
元に戻らないというのが現状なのです。

 

年齢を重ねたり、激しい運動で胸をゆらしていたりすると
このクーパー靭帯が伸びきってしまったり、
切れてしまったりします。

 

また、クーパー靭帯はゴムのような組織なので、
バストの重みによっても伸びてしまうため
バストが大きい人は垂れやすいです。

 

このような垂れ乳にならないようにするためにも、
クーパー靭帯は若いころから保護してあげて
なるべく伸びないように、切れないようにすることが必要です。

 

そのために、夜はナイトブラを着けることが推奨されているのですね。

 

 

では、なぜ、夜は普通のブラではダメなのでしょうか?

 

日中着けるブラは、立って生活するということを前提に、
立っている状態の胸を支える設計(下に垂れない)になっています。

 

夜は横になって寝るので、横に流れない設計(脇や背中に胸の脂肪が流れない)になっています。
つまり、ナイトブラには、昼間着けるブラとの役割とは違う役割があるのです。

 

ですから、昼間と夜とでは、その必要性に応じてブラを付け替える必要があるのです。

 

 

もっというと、「ナイトブラ=家にいる時用のブラ」とするのは、良くありません。

 

家にいるときも、立ったり座ったり歩いたり近所へお買い物へ行ったりするのであれば
ナイトブラではなく日中用のブラを着けたほうがバストには良いです。

 

ナイトブラは、「寝る時用」のブラとして使い分けていきましょう。

 

 

⇒サイトトップページへ戻る